Web筋トレも使っているサーバー!ロリポップを使ってみない?

【コピペOK】図解◇実例◇インフィード広告を下にも追加◇STINGER8◇第3回

Sponser Link

Google AdSenseのディスプレイ広告(バナー)の貼り方について

3回解説してきました。

Google AdSenseの始め方を解説◇第1回 【コピペOK】Google AdSenseの広告コード取得とSTINGER8での広告の貼り方を解説◇第2回 Advanced Adsで記事中のh2の上に自動でGoogle AdSense広告を出す方法◇第3回

Google AdSenseのインフィード広告の貼り方について

2回解説してきました。

【コピペOK】図解◇実例◇インフィード広告の貼り方解説◇STINGER8◇第1回 【コピペOK】図解◇インフィード広告に罫線をCSSで追加する方法◇STINGER8◇第2回

 

今回はインフィード広告の貼り方3回目です。

第1回で記事一覧の一番上に記事と同じような体裁で

インフィード広告を貼る方法を解説しましたが、

第3回目の今回は記事一覧の一番下に

2つのインフィード広告を貼る方法を解説します。

記事一覧を上下で挟もうと思います。

Sponser Link

実例◇プリスクールパークのインフィード広告

プリスクールパークは無料テーマの『STINGER8』を使って作られているサイトになります。

全国のプリスクール(英語の幼稚園)を紹介しており、

市区町村ごとに一覧でプリスクールを見ることができます。

例として世田谷区を見てみましょう。

1番上と下部2つがインフィード広告になっています。

4件のプリスクールと3件のインフィード広告が一覧になっているわけです。

Sponser Link

インフィード広告の作り方の流れ

①Google AdSenseでインフィード広告を作る

②WordPressのプラグインAdvanced Adsでテーマ機能(ショートコード)にする。

③STINGER8のitiran.phpに追加する。

第一回で①と②は説明しているので、

分からない方は第一回目の記事をご確認ください。

【コピペOK】図解◇実例◇インフィード広告の貼り方解説◇STINGER8◇第1回

今回は③のitiran.phpの編集方法を解説していきます。

Sponser Link

STINGER8のitiran.phpに追加します

プリスクールパークはSTINGER8を使っているので、

STINGER8で説明していきます。

STINGER8は一覧ページはitiran.phpです。

他テーマだとcategory.phpやarchive.phpが

一覧ページではないかと思います。

他のテーマの方も参考にしてくださいね。

Sponser Link

修正前のitiran.php

WordPressの検索結果ページ☆0件の場合の文言修正☆search.php/itirann.php/STINGER8のカスタマイズ

itiran.phpはこの記事でif文の分岐を追加しました。

追加箇所は13行〜19行目です。

Sponser Link

今回の最終完成形

●記事がある時は、記事一覧の下部に2つの広告を表示。

●記事がない時には、『まだ「XXXX区のプリスクールはありません。』の下に1つの広告を表示。

●検索結果ページの場合で検索結果が0件の場合、

『まだ「XXXX」に関するプリスクールはありません。』の下に1つの広告を表示。

1つ目のインフィード広告(feed_下01)

記事がある時だけに出力されるようにitiran.phpに書きます。

2つ目のインフィード広告(feed_下02)

記事がある時、記事がない時、検索結果が0件だった時、

いずれの場合にも共通で出力されるようにitiran.phpに書きます。

 

これで最終完成形になると思います。

1つ目のインフィード広告(feed_下01)の書く場所

これで記事がある場合にだけ表示される広告を追加できました。

の間になります。

<?php endwhile; ?>の後で記事一覧のループが終わった後になります。

<?php else: ?>の前で記事がある場合になります。

2つ目のインフィード広告(feed_下02)の書く場所

『記事があるかないか』を分岐するif文の

閉じタグ<?php endif; ?>の後になります。

最後の最後に追加です。

ほむほむ

記事があってもなくても共通して使うので、

if文の外になりますね。

Sponser Link

完成したPHP(itiran.php)

feed_上、feed_下01、feed_下02の3つのインフィード広告が入りました。

これをプレビューしてみましょう。

前回の第2回記事でCSSで罫線を追加したので、

下部に広告を追加しても綺麗に罫線が出ています。

【コピペOK】図解◇インフィード広告に罫線をCSSで追加する方法◇STINGER8◇第2回

記事がない場合には『まだ、「東村山市」のプリスクールはありません。』の後に

1つのインフィード広告が表示されるようにしました!!

ほむほむ

記事ある場合もない場合も

上手くいきました!8888888(パチパチパチパチ・・・)

ちょっと記事の数に対して広告の数が多くなってしまいました。

ここを次回調整したいと思います。

ほむほむ

phpやcssを修正するときは大元ではなく。

childにしてくださいね。

そして、バックアップをとっていつでも戻せるようにしてください!

ここまでお付き合いありがとうございました!

【コピペOK】STINGER8カスタマイズ◇インフィード広告をJavaScriptで上から3番目に表示◇第4回
Sponser Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA