Web筋トレも使っているサーバー!ロリポップを使ってみない?

Basic認証(ベーシック認証)のかけ方☆ロリポップ!なら簡単に管理画面からできますよ(アクセス制限)

Basic認証(ベーシック認証)

Basic認証(ベーシック認証)とは、IDとPASSを知ってる人だけが見れるページを

簡単に作れる機能です。

ポートフォリオサイトでは制作実績の部分が

Basic認証(ベーシック認証)になっているサイトをよく見かけます。

ほむほむ

ロリポップ!の管理画面から設定するととっても簡単にできますよ。


一般的なBasic認証(ベーシック認証)のかけ方

フォルダーを決める

http://sample.com/AAA/

このAAAフォルダーにベーシック認証をかけて、

ID/PASSがないと見れないようにしたいとします。

 

http://sample.com/BBB/

はベーシック認証をかけないので、

ID/PASSがなくても見れる状態です。

「.htaccess」と「.htpasswd」の用意

ベーシック認証に必要なものは「.htaccess」と「.htpasswd」です。

AAAフォルダーに置きます。

htaccessの書き方

AuthUserFile

パスワードとIDを明記したファイルの場所を記述します。

ロリポップ! 管理画面>ユーザー設定>アカウント情報

フルパスに書いてある文字列をフォルダー名『AAA』の前に書きます。

/****/*****/****/****/****/AAA/.htpasswd

AuthName

ここで指定した文字列は認証画面の中で表示されます。

好きなテキストを入れてください。

“Input ID and Password.”

AuthType

Basic認証(ベーシック認証)と言う意味なのでこのままでOK

Basic

require

全ての人にと言う意味なのでこのままでOK

valid-user

htpasswdの書き方

ユーザー名

お好きな文字列でOK

暗号化したパスワード

パスワードを決めて

暗号化ツールを使って暗号化します。

例えば下記のサイトだと.htpasswdに

そのままコピペすればいいように作ってくれます。

BASIC認証用 パスワード暗号化

以上になります。

これで、FTPでAAAフォルダーの中に2ファイルをアップしたら

Basic認証(ベーシック認証)ができてると思います。

ロリポップ!で簡単にベーシック認証

もっと簡単にできるのがロリポップ!です。

ロリポップ!管理画面>セキュリティ>アクセス制限

新規作成方法

4つの欄に内容を書いていきます。

上から

  • .htaccess設置ディレクトリ(アクセス制限を行うディレクトリ)
  • 認証フォームタイトル(ここで指定した文字列は認証画面の中で表示されます)
  • アカウント名(お好きな文字列。ユーザー名)
  • パスワード(お好きな文字列。暗号化しなくてOK)

ページ下部の【作成】をクリックして作成します。

パスワードは自動的に暗号化してくれるので安心です。

ほむほむ

ロリポップ!管理画面から簡単にBasic認証(ベーシック認証)が完成しました。

まとめ

パスワードは暗号化してしまうので、

自分で忘れるともうお手上げです(笑)

そうなったら、新しいパスワードを

再設定してくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA