Web筋トレも使っているサーバー!ロリポップを使ってみない?

DreamweaverでGitを簡単に始める方法(Mac)

Sponser Link

こんにちは。

DreamweaverでGitを使い始める方法をご紹介します。

以前、SourceTree、BacklogでGitを使ったことがあったのですが、

家で一人で作業するにもGitを使いたいと思い

DreamweaverのGitを使ってみることにしました。

サーバーとは繋がってないのですごくシンプルです!

それでいてバージョン管理が簡単にできるので、

バックアップの必要がなく、

何かあればすぐ戻せるのがいいですね。

では、早速始めていきましょう〜

Sponser Link

①Gitをダウンロード

MacかWindowsか選んでダウンロードします。

Sponser Link

②Gitのインストール

左のアイコンを開きます。

実行しようとすると警告がでます。

【システム環境設定】ー【セキュリティとプライバシー】ー【一般】

下部の【このまま開く】をクリックします。

【続ける】

【インストール】ます。

これでDreamweaverでGitを使えるようになました。

次にDreamweaverの設定していきましょう。

Sponser Link

③Dreamweaverで【サイトの管理】

【サイトの管理】をクリック

【新規サイト】をクリック

バージョン管理したいサイトの【サイト名】と【ローカルサイトフォルダー】を入力して【保存】

【サイト名】は任意のものでOKです。今回はtestにしました。

サイトごとに作ります。

ファイルウィンドウはこのようになります。

これでサイト管理設定は終わりました。

Sponser Link

③Gitの初期化

ピンクで囲った【Gitアイコン】をクリックします。

【Gitを初期化】をクリック

.gitignoreというファイルが出来ました。消さないようにしましょう。

ファイル名が緑色の場合はバージョン管理外ということです。

バージョン管理したいので、全てが白字になるようにしていきます。

Gitパネルを見ると【未追跡】となっています。

状態の左にある四角をチェックします。

【コミット】をクリックします。

コミットコメントを入れます。あとで確認した時にわかりやすいようにします。

今回は『初期設定』にしました。

これで全てのファイルを追跡できるようになりました。

Sponser Link

④ファイル追加してみよう

info.htmlを追加しました。未追跡なので緑色です。

コミットします。

コミットコメントは『info追加』にしました。

コミットが完了し、info.htmlは白字になりました。

Sponser Link

⑤ブランチを追加してみる

開発を『develp』で行い、『master』にマージしてFTPでアップする。

これが基本的な流れだと思います。

初期は『master』だけので、

自分でブランチを追加しないと『develop』がありません。

では、作っていきましょう。

【ブランチを管理…】をクリック

『+』をクリックして追加していきます。

ブランチ名を『develop』とします。

developブランチが追加されました。

Sponser Link

⑥developブランチでファイル追加してみる

developブランチにcommon.cssを追加しました。

コミットしてcommon.cssも追跡するようにしました。(白字になりました)

コミットのやり方は上の方を見てください。

masterブランチに切り替えてみました。

追加したのはdevelopブランチなので、

common.cssはもちろんありません。

マージして、masterにdevelopの修正を反映していきます。

⑦masterにマージする方法

masterを選んだ状態で、『ブランチを管理…』をクリック

masterにチェックがついた状態。

developを選択。

『ブランチを結合』をクリック

ターゲットブランチに他のブランチの修正がマージされます。

マージの内容です。

マージが完了しました。

masterにcommon.cssが追加されました。

開発はdevelop、本番と同じ状態がmasterとルールを決めると、

ミスが減り、何かトラブル時にも対応がスムーズになると思います。

 

複数人で更新対応をしているような現場では、

同じファイルにそれぞれが別々の修正をしてた

ということが何度かありました。

Gitのおかげで本番アップ前に判明して、

プライオリティを話し合ったり、

複数の修正をまとめて一人が担当するようにして、

事なきを得たということがありました。

使いこなすのはなかなか難しいのですが、

とても便利なツールです。

ぜひDreamweaverのGitを使ってみてください!

Sponser Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA