Web筋トレも使っているサーバー!ロリポップを使ってみない?

テンプレートダグが使えない記事投稿でリンクを貼る方法◇ショートコード

Sponser Link

前回、リンクで使うテンプレートタグをまとめました。

固定ページや記事投稿などではPHPのコードを動かすことができません。

ほむほむ

でも、リンク切れが怒らないようにコードで書きたいですよね。

そこで使うのがショートコードです。

Sponser Link

ショートコードとは?

固定ページや記事投稿ではPHPを使うことができません。

しかし、ショートコードで呼び出すようにすれば、使うことができるのです。

functions.phpに書いた記述を、固定ページや投稿などで呼び出すことができます。

Sponser Link

ショートコードの使い方手順

①functions.phpにショートコードの内容を書く

②functions.phpに①を処理するショートコードの名前をつけて設定する

③②で作ったショートコードを呼び出す

Sponser Link

例:記事タイトルを表示するショートコード

①ショートコードの内容 functions.php

ob_start();とob_get_clean();はechoを使う場合のみで使います。

titleFunc()という名前でタイトルを表示するショートコードの内容です。

②ショートコードを作成 functions.php

titleFunc()を呼び出す、titleというショートコードを作りました。

③固定ページまたは記事投稿画面で呼び出す

ショートコードは[]で括って呼び出します。

Sponser Link

例:URLを取得するショートコード

①ショートコードの内容 functions.php

permalink_handler()という名前でURL(get_permalink($id);)を表示するショートコードの内容です。

②ショートコードを作成 functions.php

permalink_handler()を呼び出す、permalinkというショートコードを作りました。

③固定ページまたは記事投稿画面で呼び出す

ショートコードは[]で括って呼び出します。

Sponser Link

まとめ

制作途中や本番アップ時にURLが変わることは

まあまああることだと思います。

そんな時にリンク切れしないような書き方をしておきたいですね。

ほむほむ

function.phpは書き間違えると真っ白になるので

(画面も頭も・・・)

編集前にバックアップを必ずとるようにしてくださいね。

Sponser Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA