Web筋トレも使っているサーバー!ロリポップを使ってみない?

検索1位のサイトでやったSEO対策☆14つのこと

竹内建設様のサイトを制作しました。

会社サイトなので、会社名で検索が1位に表示されるようにSEO対策しました。
検索結果で順位を上げる為にやったことをまとめていきます。

ほむほむ

竹内建設で検索すると1位〜3位まで独占するようになりました!

以前は他の竹内建設さんが1位になっていました。

画像に代替テキスト

基本ですね。

altに画像説明のテキストを必ず入れましょう

ページごとにタイトル、ディスクリプションを変える

定型文になっていないか確認を。

ページごとユニークなものにします。

上位表示をさせたいページへ狙ったキーワードの比率を増やす

今回の場合は『竹内建設』です。

無理のない範囲でですね。

不自然な日本語はよくないので。

ウェブサイトの全バージョンを追加する

httpshttpwww あり、www なしを含め、サイトでサポートするすべての

Google search consoleでURL パターンの プロパティを追加してください。

(例)
  • http://takeuchi-kensetsu.com/
  • http://www.takeuchi-kensetsu.com/
  • https://takeuchi-kensetsu.com/
  • https://www.takeuchi-kensetsu.com/

<link rel=”index” href=”http://www.example.com/” />

インデックスページ(トップページ)の場所を検索エンジンお知らせする。

<link rel=”canonical” href=”http://www.example.com/”>

ドメインの「httpsとhttp」「wwwあり・なし」が併存している時。

canonicalで正規ページ(ドメイン)をまとめると、メリットを受けることができます。

<link rel=”alternate” type=”application/rss+xml” title=”Sitemap” href=”http://www.example.com/sitemap.xml” />

全頁に記述するといい。

検索エンジン向けのサイトマップ(XML形式)が用意されていればどこにあるのかを知らせる。

<link rel=”help” href=”http://www.example.com/help.html” title=”ヘルプ” />

お問い合わせページ

sitemap.xml送信

https://search.google.com/search-console/sitemaps?

サイトを修正したらsitemap.xmlを作成、Google search consoleで送信

sitemap.xmlは自動生成

WordPressならAll in One SEO で自動生成してくれます。

静的サイトならsitemap生成ルールを利用すると良いですよ。

http://www.sitemapxml.jp/

robots.txtを送信

https://www.google.com/webmasters/tools/robots-testing-tool?utm_source=support.google.com/

robots.txtファイルが存在するか?

修正したらGoogle search consoleのrobots.txt テスターで送信します。

Google search consoleのデータハイライター

https://support.google.com/webmasters/answer/2692911?hl=ja

Googleマイビジネスに登録

Goole マイビジネス

Google マイビジネスは、Google 検索 Google マップなど Google のサービスにビジネスお店などの情報を表示し、管理するための無料のツールです。

リンク切れ修正

『websiteエクスプローラー』というソフトで該当のURLを調べます。

リンクぎれを教えてくれます。

 

ほむほむ

今の悩みは会社概要の方が上位に表示されてることです。

次回対策をしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA